Gapfighterとは

「早く」「手軽に」「低価格で」WEBサイトの課題を抽出できる簡易UX調査パッケージです。

競合サイトと比較し、お客様サイトの課題・改善点を一発判定!

トランスコスモスが開発したUX(User Experience)簡易調査パッケージです。お客様サイトを「SEO」「簡易ログ」「内部構造」「導線改善」の観点から多角的に分析し、”競合サイトとの比較形式”でレポートを提供し、課題を浮き彫りにします。

お困りではございませんか…?

改善はしたいけれど、何から手をつけていいか分からない。課題の優先順位が分からない。

運用中のサイトが良いのか悪いのか判断がつかない。見慣れてしまって課題を見つけられない。

上司からサイト改善命令が下ったけれど、他業務が忙しくてサイトの改善に時間も労力も避けない。

サイトの改善に取り組んでいるけれど、改善の効果が出ているのかわからない。

サービスの特徴

01.
競合サイトと比較して弱点・課題を可視化

「SEO」「アクセス比較」「内部構造」の各指標において、競合サイトと数値比較で勝敗を一発判定。比較対象が明確なので、お客様サイトの課題がよりはっきりとイメージしやすい形で抽出することが可能です。

02.
短納期でレポートを提供します

通常WEBサイトを調査する場合、事前に2~3回打ち合わせをして調査項目のすり合わせを行いますが、Gapfighterなら打ち合わせが不要。また自動レポート形式のため、分析開始から7~8営業日での納品が可能です。

03.
改善ポイントがわかりやすい

競合サイトとの比較で課題を出して終わりではなく、Gapfighterで抽出された課題や弱点の改善ポイントをアドバイス。また課題を解決するソリューションをご紹介し、課題の解決までワンストップでご支援が可能です。

機能紹介

総合マッチアップ
サマリ

各項目の評価をゲージで表現。競合との勝ち負けが直感的に把握可能です。

マッチアップ
詳細レポート

マッチアップ結果詳細を記載。具体的な数値が出るので社内検討資料としても活用いただけます。

導線改善提案

Google Analyticsのデータをもとに、AIがCV導線上のボトルネックを抽出。数万サイトを分析してきたAIが、改善ポイントを提案します。

課題のまとめと改善ポイント

Gapfighterの結果から見えた改善指標をピックアップ。改善ポイント及び課題解決のためのソリューションを提案します。

導入事例

CVのボトルネックとなっているページが浮き彫りに

B社様

CV向上を目的とした取り組みの一つとして、Gapfighterを実施。導線分析の結果、特定のページを経由しているユーザーのCVRが低いことが明らかとなり、CVの妨げとなっている要因の一つが判明。サイト内のリンクや導線の見直しを行うきっかけとなりました。

よくあるご質問

どんなサイトでも分析が可能ですか?

コンバージョン(購入/予約/資料ダウンロード…など)が明確なサイトであれば分析が可能です。お問い合わせ後にお客様のサイトを確認させていただき、分析可否を判断することも可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

Gapfighterを実施するにあたり、提供が必要な情報はありますか?

お申し込み時に、以下の情報をご連携ください。
・分析対象となる自社サイトURL
・競合サイトURL
・分析キーワード
・Google Analytics閲覧権限付与の可否
(Google Analyticsの連携不可の場合、AIによる「導線改善編」パートの提供をいたしかねます。

 競合比較の「戦編」パートのみの提供となりますのでご了承ください。)

レポートのカスタマイズはできますか?

Gapfighterは自動レポートサービスとなりますので、レポートのカスタマイズはできません。
競合サイトと分析キーワードは原則1つとしております。

サービスに関する お問い合わせ・資料ダウンロードはこちら