DEC CMS

トランスコスモスの豊富な知見と実績で提供するデジタルマーケティングプラットフォームサービスです。

トランスコスモス独自のSaaS型モデルCMS

DEC CMS(デック シーエムエス)は世界中で利用されているオープンソースCMS「Drupal(ドゥルーパル)」をベースとした「Acquia Open Digital Experience Platform」をプラットフォームに採用したSaaS型CMSです。
これまで様々なお客様企業のデジタルマーケティングを支援してきた豊富な知見と実績をもとに効率化・高機能化し、アプリケーションやインフラ、サイト構築を包括的に提供します。


2020年8月27日に開催されたエクスペリエンス アクイア アワードにおいて、「上半期商談最多賞」「アクイア認定取得者最多賞」の2冠を獲得!詳細はこちら

アクイアアワード

お困りではございませんか…?

業界の最新のUI/UXってどんなサイトにすればいいか分からない。

サイトの規模が年々大きくなり、実務担当者の経験不足や交代によりトラブルが数多く発生。運用作業の効率化に苦労している。

コンテンツによって担当部署や承認者が違う、多段階の承認が必要、コンテンツによって制作チームが違うなど、管理業務の負荷が大きい。

デジタルマーケティングをもっと推進したいが、実務とツール類の知識や経験をもった実務担当者がいない。

サービスの特徴

01.
WEBサイトに必要なソリューションが全てここに

クラウド形式(PaaS、SaaS)での提供形態のため、インフラや保守運用はセットとなります。デジタル体験を構築・管理するための「Drupal」システムと、それを支えるサーバーやネットワーク、セキュリティ対応までをトータルでサポートします。お客様に本来の業務であるサイト運用やデジタルマーケティングに集中いただける環境を用意します。

DEC CMS

02.
品質を一定に保ちながら高速PDCAを志向した運用業務の実施が可能

運用担当者に特別な知識がなくても簡単に更新作業を行うことができるようなサポート機能を搭載。
スタイルをあてた状態で編集できるエディタ、スタイルを簡単に適用できる豊富なコンポーネント、HTMLのインポート、コンテンツのバージョン管理といったコンテンツ制作の工程で便利な機能を数多く搭載することで、専門的な知識がなくても簡単にページの作成更新が可能です。

03.
運用効率・管理の質を意識、WEBサイトやその他DMの効果向上に貢献

更新~公開までの業務や管理についてノウハウを生かした機能をパッケージ化し提供。
サイト更新で起こりがちな承認ワークフローの承認待ちに承認者へアテンションする機能、作業者が承認依頼時にメモをつけて通知する機能、ダッシュボードのカレンダー機能など、お役立ち機能を搭載しています。

04.
貴社内だけで対応しきれない施策をともに運用し、拡大に寄与

構築業務~運用後のリソース提供、さらに、MA知識等の特有スキルを持つメンバーをアサインいたします。
DEC CMSサービスの最大の強みとして、データ活用や施策を実現するための機能とプラットフォームだけでなく、必要に応じて専門知識をもった人材の提供も可能です。また、バージョンアップにより、常に最新機能が利用できるため、貴社のデジタルマーケティング施策に貢献します。

05.
オープンソースCMS「Drupal」の認定試験
アクイア認定プログラム合格者数が国内No.1

DEC CMSは、オープンソースCMS「Drupal」の創始者が立ち上げたAcquia, Inc.が提供する「Acquia Open Digital Experience Platform」をプラットフォームに採用しています。

Acquia, Inc.では、全世界で提供されているオープンソースCMS「Drupal」の認定試験であるアクイア認定プログラムを実施しています。この認定資格は、専門知識の検証と促進、雇用リスクの低減、チームのスキルアップ、プロジェクトの成功を支援するための信頼できるベンチマークとなり、すべての認定資格取得者は、ナレッジドメイン全体のスキルの水準を満たすことが保証されています。

DEC CMSをお客様企業へ導入する際には、このアクイア認定プログラムの資格をもつDrupal開発者でプロジェクトチームを立ち上げ、Drupalの高い専門知識と運用ノウハウを活かしたサービス提供が可能です。

アクイア認定

機能紹介

CMSコンポーネント

コンポーネントを利用したコンテンツ作成機能

標準搭載されたコンポーネントを組み合わせてコンテンツの作成が可能なため、HTMLやCSSの知識がない方でも思い通りにWEBサイト運用を行えます。 標準搭載のコンポーネント以外にもご要件に応じて追加でご用意します。

CMSカレンダー

ダッシュボード/カレンダー機能

カレンダーで公開・非公開予定等コンテンツの公開スケジュールを管理、可視化し、コンテンツの公開漏れ、非公開漏れを防止出来ます。

CMSコメント

リマインダー機能・コメント機能

メールやSlack、BackLogなどを通じて承認者へアテンションする機能、承認依頼時のコメント機能により、確認漏れ・滞留を抑制することが出来ます。

CMS&LINE

LINE配信機能

LINEからメッセージ配信をするための管理画面を、最終的なランディング先として顧客接点を担う自社サイト運用の管理画面(DEC CMS)に統合することにより、コンテンツ一元管理およびユーザー属性の共通利活用によるOne to Oneコミュニケーションの実現など、運用効率とマーケティング効果の最大化を支援します。

ヘッドレスCMS

Headless(ヘッドレス)対応

ヘッドレス対応を行うことで、今までWebを中心としたコンテンツ管理から、オウンドメディア、各種SNS、店舗でのデジタルサイネージやスマートスピーカーなどマルチチャネルでのコンテンツ配信が可能となります。

「ヘッドレス」を採用することで、フロントエンド/バックエンドでの切り分けが可能となり
シングルページアプリケーションの選択ができることから、サイトのパフォーマンス最大化&デザインの自由度の向上を見込むことができ、各デジタルチャネルにおけるUX向上を目指すことができます。
サイト構築を例にすると、商品点数が多い・検索性向上を求められているサイトに適しています。

【DEC CMS type Headless】として、DEC CMSの機能性/操作性/拡張性はそのままに、Headless CMS部分のみをSaaS提供することも可能です。

よくあるご質問

DEC CMSとLINE配信連携はどのように活用できますか?

DEC CMSがもつフォーム機能やマイページ機能とLINEを連携することで、LINE友だちの属性・行動履歴に応じたメッセージをより簡単に、よりスピーディに実現できます。 

  • LINE上で回答できるアンケート画面を作成し、取得したユーザー属性に応じてセグメント配信する
  • ユーザーの趣味嗜好にあったコンテンツがWebサイトで更新された場合に、自動的にメッセージ配信する
  • マイページ(ログイン後ページ)でのユーザー情報・ステータスの変更に応じて、自動的にメッセージ配信する
  • Webサイトでお気に入り登録した商品・サービスの情報アップデートを自動的にメッセージ配信する
  • LINEのメッセージでタップしたバナーにあわせて、Webサイトのキービジュアルやバナーをパーソナライズ

Headless機能の活用例を教えてください

マルチチャネル対応

今までWebを中心としたコンテンツ管理から、オウンドメディア、各種SNS、店舗でのデジタルサイネージやスマートスピーカーなどマルチチャネルでのコンテンツ管理・配信が可能になります。

 

基本構造を変えずにCMSの導入が可能

 現行サイトの構造やシステムに影響をあたえないため、ニュースやFAQなどのサイトの一部だけ、ECサイトなどの動的サイトなどにも導入できます。

サービスに関する お問い合わせ・資料ダウンロードはこちら